ソフィーの碧い空

sophyno.exblog.jp ブログトップ

『スーパーマン・リターンズ』

スーパーマン リターンズ

ブランドン・ラウス / ワーナー・ホーム・ビデオ

なんかね、泣いちゃった
本編じゃなくてエンドクレジットで。
「クリストファー・リーブ夫妻に捧ぐ」
この一行でね

なんというか、それは製作者側の意図でもあるのでしょうが
本編で重症を負って生死の境をさまようスーパーマンと
クリストファー・リーブ氏本人が重なってしまって・・・


私はね思ったんですよ
彼(クリストファー・リーブ氏)は人々に希望を与えるために生まれた人だったんだなと。

彼が「スーパーマン」として多くの人に知られていたこと
そのスーパーマンが落馬事故によって脊髄を損傷し動けなくなってしまったこと
それでも本人の強い意志と、家族の支えによって希望を捨てず過酷なリハビリを続けたこと
そしてついに現在の医学では不可能と考えられていた手足の運動機能と感覚を回復したこと・・・

強い意志、家族の絆、努力、あきらめなければきっと希望は叶うということ
そんな目には見えない大切な物を私たちに遺してくれた
そのために生まれてきてくれた
そんな気がしてね
彼こそが真のスーパーマンだったのじゃないかと思えて
胸が詰まりました


本編もよかったですよ
やっぱりスーパーマンはカッコいいです
でもヒーローって孤独ねー
あえて孤独になれる強さを持っているからヒーローなのかな
前作をおさらいしてから観る事をオススメします

※クリストファー・リーブ氏について詳しいサイトはコチラです
[PR]
by e_sophy | 2006-08-22 22:41 | 映画がスキ
line

心は青空のように広く、高く。 コメントはお気軽に^^


by e_sophy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite