ソフィーの碧い空

sophyno.exblog.jp ブログトップ

巨匠二人展

昨日、久しぶりにダーリンと二人で美術館に行きました。
『北大路魯山人と岡本太郎展』茨城県陶芸美術館

ダーリンは最近“太郎さん”のファンで、去年は“太陽の塔”観たさにはるばる大阪まで行ったほど。今回地元で“太郎さん”の作品に会えるとあらば観に行かない話しはない。
私は私でアート全般ダイスキなので巨匠二人の作品に会えるとあらば観に行かない話しはないと、二人でウキウキ出かけました。

いゃ~私もやっぱり“太郎さん”のダイナミックな絵には参るヮ
『黒い太陽』欲しいです。
魯山人の作品は意外に几帳面な感じを私は受けました。
『信楽鮑大鉢』欲しいです。
(最近『欲しい』を基準に芸術鑑賞するようになった私^^;)

この茨城県陶芸美術館のある茨城県笠間市は「笠間焼」で知られる陶芸の町で市内にはたくさんの窯、アトリエがあります。また、郊外の自然豊かな地には書家・美食家で知られる北大路魯山人の旧宅「春風萬里荘」が移築されていたり、銀座・日動画廊の創業者、長谷川仁氏が開設した広大な「笠間日動美術館」、1350余年の歴史を有する「笠間稲荷神社」とその門前町も古く趣があり、笠間は芸術と自然と歴史の溶け合うステキな町、私たち夫婦のお気に入りの町なのです。
茨城観光には欠かせない地ですので、来茨の際はぜひ足をお運び下さい。
[PR]
by e_sophy | 2007-11-21 23:56 | 身近なこと
line

心は青空のように広く、高く。 コメントはお気軽に^^


by e_sophy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite