ソフィーの碧い空

sophyno.exblog.jp ブログトップ

天国はどこ? ここ?

『生命の実相』輪読会にて

現在第六巻に入ったところ
12ページにこんな一文があった。

では、祈らなくとも、現象界で善行を百パーセント励めば、神はわれらの善行を嘉し給うて天国を行かれるでしょうか。否、否・・・


ご指導くださったN先生は「この一文をかつて読んだときは衝撃的だった。」と仰った。
私はとくに何も感じず読んでたなぁ。
いま読み返してみると、なるほど「善行するだけでは天国へいけない」と書いてある。
さて、どうしたらいいのか。

輪読していた仲間からは
「すべての人はすでに救われずみで、すでに天国に住んでいるのではないですか?」
という質問が出た。それもそうだ。
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
私なりに考えた。
理屈はそんなに難しいことじゃない。

すべての人はすでに天国(実相の世界)に住んでいる。
これは事実。真実。
いまから何か、善行とか修行してから行くのじゃない。

でもそれが“わかる”のは
「すべての人は神の子ですでに天国に住んでいる」とわかった人だけ。

じゃ、どうしたらそれが“わかる”か
「善行したらわかるか」といったらそういうことではない、ということ。
この一文が表しているのはそういうことみたい。



わかってもわからなくてもすでに天国(実相の世界)にいる。
わかった人だけが「此処がこのまま天国浄土」とわかる。
わからないひとは天国にいながら
「天国はどこだ、どうしたら行ける、こうしたらいける」ということになる。
ということなんだろう。

なんか、ぐるぐる回文みたいだけど
とにかく
「私は神の子だ、完全円満なんだ、天国は今此処にあり」
と知ること、分かることが何より重要みたいです。

じゃ、
「私は神の子だ、完全円満なんだ、天国は今此処にあり」と
わかるにはどうしたらいいか・・・と言われたら
『三正行』としか私には言いようがない^^;
[PR]
by e_sophy | 2008-12-06 22:44 | 身近なこと
line

心は青空のように広く、高く。 コメントはお気軽に^^


by e_sophy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite