ソフィーの碧い空

sophyno.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ソフィーの気持ち( 148 )

恩返しって

わたしさ
「恩」ってさ
実ははじめっから返せないもんだと思ってるよ

返せるくらいなら「恩」とはいわないさ

それでも
それでもね
心の底から「ありがたい」と思えばさ
何かしたいと思うさ
なにか返したいと思うさ

「恩返し」って
「ここまでやったから返しきった」
なんてこともないでしょ
だから一生モンだと思ってるよ

「返せない」とわかっていても「返そう」とするのが恩返し
そうじゃないかな
[PR]
by e_sophy | 2008-12-08 21:02 | ソフィーの気持ち

安心して、伸び伸びと^^

いいことカレンダーをつけ始めて
早、一か月以上経ちました。

気がついたこと
「いいこと探しが不要になった」

あら、なんで??

あのね、出来事がみんな「いいこと」と思えるようになってきたから。
そう、フツーに日記を書いて、それがみんな「いいこと」だってこと。

神様を信じているから・・・
だね、きっと。



神様の世界は完全なる世界。
神の子である私たちがいるのも完全なる世界。
それをどう観ているかは本人次第。

どう観ていようと
知っていようと知らまいと
神様の創られたままの完全なる世界だけが在る。

だから安心して、伸び伸びと
どこまでも、伸びたいだけ伸びる。
[PR]
by e_sophy | 2008-12-06 22:08 | ソフィーの気持ち

“快”だ

快活
快悦
快楽
快感
快哉
快調
快刀乱麻
快進撃
快挙

脳科学も
成功法則も
本当の信仰も、
私が今年見つけたキーワードは
“快”

ワハハ
愉快愉快041.gif
[PR]
by e_sophy | 2008-11-19 23:05 | ソフィーの気持ち

がんばる

「がんばる」という言葉は「我ん張る」=「我を張る」だから
あまりいい言葉じゃないと云う人もいるけど・・・・・・

わたしにとっての「がんばる」
「伸びたくて伸びたくて仕方がない」「伸びずにはいられない」
内側から湧き上がる“うわーッ!!”というなんだ

これは生長の歓び!!
これは生命の喜び!!

内からの神の催しが圧力となって我(われ)を張(は)るんだ
[PR]
by e_sophy | 2008-10-14 01:06 | ソフィーの気持ち

大切なものを大切にできるように

お義父さんは
なにも持ってなかったから
なにも残さず行ってしまった。

お義母さんは
いろんなものを持っていて
なにもかも残して行ってしまった。

・・・

私は身の回りの整理をはじめました。

もともと
すっきり、シンプルに暮らすのが私の理想

日をきめて
少しの時間を利用して
ちょっとずつ
整理しよう。
こつこつ続ければ
身も心も軽くなるでしょう。



私にとって大切なものはそう多くはない。
『真理』
『良書』
『魂の半身』
『家族・友人・隣人』
これらを取り巻く『空間』
これらをつなぐ『時間』

大切なものを大切にしよう
大切なものを大切にできるように 私を整えよう。
[PR]
by e_sophy | 2008-08-21 16:58 | ソフィーの気持ち

考え方ひとつ

「『○○を良くしよう』と思ってがんばってきたけど
『良くしよう』なんて思ったのは間違いだった。」
そう云った人の言葉は失望と怒りに満ちていた。

『良く』も『悪く』もない
「○○のお役に立たせていただこう」ではどうですか?
[PR]
by e_sophy | 2008-08-13 23:42 | ソフィーの気持ち

たまにこんなでもいいか

自分の中の負の気持ちを認めたら
力抜けちゃった。

たぶん職場の人とか、身近な人からしたら
「なんか元気ないんじゃないの?」って感じだと思う。

自分としては「元気がない」というよりは
余計な力が入ってないデフォルトな感じ。

たまにこんなでもいいか。

何かのために一所懸命になってる私も私。
ぼんやり何かを待っている私も私。

仕事はしてる。
本も読んでる。
家事もしてる。
編み物もしてる。
こうしてブログも綴ってる。

なんてこたぁない。
たまにはこんなでもいいさ。
[PR]
by e_sophy | 2008-06-19 01:00 | ソフィーの気持ち

私はなにをすればいいんだろう

毎日こつこつ、自分のなすべきことをしている。
神さまの智恵の泉から、新しいアイデアをくみ出している。
努力は実り、アイデアは形となる。
夫に愛され、調和している。
隣人に恵まれ、調和している。
私も夫を、隣人を、生活を愛している。
毎日少しずつ進化している。

それなのに
なぜ?
この閉塞感。



愛して、愛して、愛したものから
愛するがゆえに離れた。
この空虚を覚悟の上で離れた。

愛して、愛して、愛したものの
代わりのものがまだ見つからない。
この愛の残像が私を引き付け自由にさせない。

オマエ イツノマニカ
アタシノココロヲ占メテ・・・ニクラシイ。



これ以上愛せるものが見つかるのだろうか。
人生の大きな願いはすでに叶えられているのに
これ以上の喜びが まだ私を待っているというのだろうか。

私はなにをすればいいんだろう。
[PR]
by e_sophy | 2008-06-15 23:58 | ソフィーの気持ち

祈る

「ただ今より神様の手となり、足となって、神様のお手伝いをさせていただきます。
私のすべてを神様にお任せします。わたしを通して神のみ業の顕われんことを・・・」
練成会の司会もこんなふうなことを祈ってからはじめる。

でもね、前回ぐらいにね
「自分のことばっかりだなぁ」
「練成会に来た人のこと祈ってなかったなぁ」
って思って・・・

今回は祈った
一人、一人、わがこととして祈った。

はじめにここに集う人はみな魂の兄弟姉妹だと観じたら
それだけでジーンと響いて涙が出そうになった。
そのあと一人ひとり、名前のわかる人もわからない人も
「○○は神の子です。○○は神の子です。
神の愛が○○を護っておられます。
神の与え給うた幸福が○○を取り巻いています。
いかなる災いも○○に近づいてくることはできません。
○○は神に護られて、平和と歓喜に満たされています。
○○を通して神のみ栄えの顕われんことを・・・」
と、全員同じじゃないけど、心に思い浮かんだ言葉で祈った。
参加者も運営委員もみんな
大勢だから一時間くらい
一日目も
二日目も
三日目も・・・

だから奇跡が起こった・・・というわけではない。
いつもどおりの喜びあふれる練成会だった。
自分が満たされたか・・・というと、そういう実感もあまりない。
でも
来月もこうして祈ると思います。
[PR]
by e_sophy | 2008-06-12 23:24 | ソフィーの気持ち

一歩ずつ進む

自分が
「あぁ!神の子だ~!」ってわかるのはとてつもないよろこび
「なんでもできるっ!」って感じ

祈り方も変わる
「吾にては何事もなし得ず、天の父、吾にいまして御業をなさしめ給う」の祈りになる

そして
「こうすればいいんだよ」って教えたくなる



でもね
どこか物足りない
どこか利己的な匂いがする



そして気づいた
はあっと気づいた

私は
「私は神の子、天の父、吾にいまして御業をなさしめ給う」の祈りを
自と他とひとつに、すっぽり被せて祈ったことがあっただろうか?
他において
「○○は神の子だから、○○を通して神の御業が現れるのだ」と
深く切なる思いをもって、祈ったことがあっただろうか?


物足りなさの原因は、おそらくこれだ

自分が「神の子」の自覚を得ることは
信仰のはじめの一歩に過ぎない
「こうすればいいんだよ」って云いたい感じは
信仰のはじめの二歩に過ぎない

「こうすればいい」なんて
そんなことは云わんでもよろしいから
救いを求めてくる人に
それをわがこととして
“正しい祈り”をする

これがナチュラルにできるようになって
やっと歩み始めだ


そんなことに、静かに気づいて恥じ入る今日このごろ
[PR]
by e_sophy | 2008-05-27 01:05 | ソフィーの気持ち
line

心は青空のように広く、高く。 コメントはお気軽に^^


by e_sophy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite