ソフィーの碧い空

sophyno.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ねこに鈴

d0081458_22105160.jpg
きれいな表紙だなぁ
sophyは今度この本を読むんだって。
僕には難しすぎて
おなかの中の鈴がコロコロ鳴っちゃうよ。
[PR]
by e_sophy | 2008-11-30 22:10 | 編むの好き

ハッピーバースデー

「あなたに会えて良かったわ」
「あなたのこと忘れていませんよ」
「あなたに感謝しています」
「私はあなたの味方です」
そんな気持ちを臆せずに
“あっけらかん”と伝えられる日
年に一度の特別な日
[PR]
by e_sophy | 2008-11-25 15:36 | いいこと探そネット

ブログの効果

ダーリンが読んでいる本にこんなことが載ってた。

実は、ブログを書くという行為は、自分の行動を変えるのに最も適したツールの一つです。たとえば読んだ本の感想を日記として公開するとします。つい「“なんだこいつ、こんな低俗な本を読んでいるのか”と思われるかもしれない」と不安になるでしょう。そうすると次は「じゃあ、レヴィ=ストロークでも読んでみるか」となる。これも立派な行動の変化です。
僕は、人が成長する時のきっかけは「背伸び」だと考えています。そして背伸びをする時に欠かせないのが、他人の目です。そういう意味では、ブログは究極の「背伸びマシン」といえるでしょう。

私もふと気がつけばもう4年以上もブログを続けていて(このブログは三代目)
これが“自分が読むためだけの日記”とはまったく違うパワーを持っていることは感じている。

たとえば自分しか見ない手帳に何かしらの決意を書くのと
誰かの目があるところで決意を表明するのとでは
後者には「言ったからにはやろう」という気持ちが働く。
コメントのやりとりで新たな発見もある。
読んでくれる人がいればこそ、わかりやすく書こうとも思う。

そしてこの「背伸び」にもとても共感する。
「あとちょっと手を伸ばしたら今まで届かなかったところに手が届く」
そう思ってワクワク、ドキドキしながら手を伸ばす。届いたときの達成感、充実感。
そんな快感が確かに私を引っ張り上げてきた。



上の引用は茂木健一郎さんの『脳を生かす仕事術』という本から。
ダーリンが今読んでいて、私はチラ見しただけだけど面白そうな本だった。
ダーリンが終わったら借りようかな。

脳を活かす仕事術

茂木 健一郎 / PHP研究所


[PR]
by e_sophy | 2008-11-22 00:29 | 本が好き

“快”だ

快活
快悦
快楽
快感
快哉
快調
快刀乱麻
快進撃
快挙

脳科学も
成功法則も
本当の信仰も、
私が今年見つけたキーワードは
“快”

ワハハ
愉快愉快041.gif
[PR]
by e_sophy | 2008-11-19 23:05 | ソフィーの気持ち

ダーリンと一緒に

今日はダーリンと一緒に教化部に行ってきました。
一日見真会があったのです。
先月の見真会も一緒に行ったので二度目です。

見真会のプログラムは
午前中は教化部長先生の神想観についてのお話
午後は体験談、祈り合いの神想観、座談会でした。

ダーリンは営業職ですからお客様とは初対面でもお話しますが
プライベートではちょっと人見知りのところがあります。
座談会なんてチョー苦手のはずですが
今回は自分の感じたことを一所懸命みなさんに伝えていました。

笑いの練習で大きな声を出して笑えるのがとても気持ちいいそうです。
講話も職場での出来事に思い当たることがあり参考になったようです。

帰りの車の中で、一ヶ月に一度くらいは教化部に来て話を聞きたい、と言っていました。



なんだか、ほのぼの幸せです016.gif
[PR]
by e_sophy | 2008-11-18 22:42 | 身近なこと

そろそろ出番ですよ

ねぇ、ねぇ、キミ・・・


d0081458_0131255.jpg

ずいぶんダレてますけど
そろそろ出番ですよ

d0081458_0154739.jpg

よろしくねっ
[PR]
by e_sophy | 2008-11-18 00:17 | 編むの好き

『ホラ吹き男』と生長の家・・・?

ダーリンのお気に入り、植木等の無責任男シリーズのひとつ
『日本一のホラ吹き男』を観ていたら・・・

「ねぇ、これ生長の家じゃない?」
とダーリン
「は?」
編み物しながら観てた私はなんのことやら
「ねぇ、ほらこの像って生長の家の・・・」
とDVDを巻き戻すダーリン。

映画のシーンとしては
とある外国(架空の国)の大使館の建物ということらしい。
「ほら、これ」
画面は塔状の建物の突端からゆっくり降りてきて
レンガ造りの外観と
見紛うはずもない生長の家本部のご神像
そして三つのアーチ状の出入り口・・・

「あぁ、これ本部、ここ本部行った時記念写真とったりするもん。
へぇー、こんなロケしたことあったんだぁ、知らなかったぁ」

私は口をあんぐり。

それゃ知らなくたって無理もない。
この映画は1964年公開、私はまだ生まれてないよ。
このシーンもそうだけど
当時のモダンな建物や公園とそれを取り巻く未開発の空間の対比に
この後とてつもない開発が始まる大都市東京の黎明期が垣間見える。

『ホラ吹き男』は大口たたいて巧みに世渡りしていくんだけど
コトバの力を利用して次々と夢を叶えていく有言実行男だといえなくもない。

まぁ、なんにしろ、びっくりしたぁ。
だって私からしてみれば
「生長の家本部」の持つとっても真面目な印象と
『ホラ吹き男』という言葉とのギャップは大きいよ

うちのお母さん、知ってたかなぁ。
この時期はまだ母は入信してなかったからなぁ。
読者の中でご存知の方はいらっしゃいましたか?

日本一のホラ吹き男 [DVD]

東宝


[PR]
by e_sophy | 2008-11-13 14:37 | 映画がスキ

いいことを記録する最強のコツ教えます

『いいことカレンダー』
『日時計日記』
呼び方は様々ですけど
目的は“光明面のみを記録する”こと。

いいこと探しは慣れてくるととってもカンタン
毎日の記録タイムはウキウキ気分。

でも慣れる前はちょっと大変な時もある。
一日を振り返って
「うーん・・・」
と唸って手が止まってしまうことも。
そんな日があるととたんに
「あぁ、だめだ・・・」
なんて落ち込んじゃったりして逆効果。

さぁ、そんなことになる前に
最強の記録法をお教えします。

例えばこんな日
「今日はダーリンがお土産にケーキを買ってきてくれた。
箱から出してお皿に載せようとしたら手が滑ってケーキが床にダイビング。
あ~あ・・・」

さて、こんな時、どのように記録しましょうか?
「これは“いいこと”じゃないから記録しないでもっと他にいいことを探す」
はい、そういう方法もあるでしょう。
でもこんな悲しい気分の時に“いいこと”探すのってとっても難しい。
そしたらね、
こうしたらいいんです。

「今日はダーリンがお土産にケーキを買ってきてくれた。
箱から出してお皿に載せようとしたら手が滑ってケーキが床にダイビング。
だからよかった!!

ちょっとびっくりかもしれませんけど
とにかく出来事をそのまま、ありのまま書いて最後に
「だからよかった」とか「だからよくなる」という言葉を加えるのだそうです。
ムリヤリ「光明面を見なくちゃ」とか力まず
そのまま、ありのまま、無反省で“よかった~”とする。

これは以前・・・もう10年以上前になりますが、
生長の家の鹿沼景揚先生に教えていただいた
「光明日記」の記入法なのです。
「こんな私じゃイヤ、自分を変えたい」と思う人はぜひやってみなさい、ということでした。

では、では、みなさま
これより1年365日すべて
どんなことが有ろうと無かろうと
『だからよかった~』『だからよくなる~』で
大安心の毎日を送りましょう。
[PR]
by e_sophy | 2008-11-04 23:41 | いいこと探そネット
line

心は青空のように広く、高く。 コメントはお気軽に^^


by e_sophy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite